日立製作所(古川一夫執行役社長)と松下電器産業(大坪文雄社長)は5月24日、プラズマテレビ事業の提携を強化し、大型のプラズマディスプレイパネルを相互に供給することで合意したと発表した。

 日立製作所(古川一夫執行役社長)と松下電器産業(大坪文雄社長)は5月24日、プラズマテレビ事業の提携を強化し、大型のプラズマディスプレイパネルを相互に供給することで合意したと発表した。


 パネルの相互供給は、07年度に松下から日立に103V型のプラズマパネルを提供。08年度には日立から松下に85V型のプラズマパネルの供給を始める。

 両社は05年2月、プラズマテレビ事業に関する包括的な協業に合意し、開発・生産・マーケティング・知的財産権で協力関係を築いてきたが、今回、パネルの相互供給まで拡大。開発コスト削減を図る。同時に、それぞれが生産していないパネルを調達することで大型モデルのラインアップ充実につなげる狙い。