ビックカメラ(宮嶋宏幸社長)は、心停止状態からの蘇生に役立つ救命装置「自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator:AED)」を、ビックカメラ有楽町店で5月24日から販売すると発表した。小売店で「AED」を販売するのは業界初の試み。

 ラインアップと価格は、フィリップスエレクトロニクスジャパン製の「ハートスタートHS1」が42万8000円、日本光電工業製の「カルジオライフAED-9231」が38万8000円。

 「AED」は、突然の心停止の際、電気ショックを与えることで突然死を防止する救命器具。欧米では病院や救急車のほか、パトカー、航空機、空港、スポーツ施設、ゴルフ場など公共施設や民間施設での導入が進んでいる。一方、日本では、これまで医師や看護師、救急救命士に限り「AED」の使用が認められていたが、04年7月に一般の人でも使用できるようになった。その後、公共施設を中心に設置が進み、民間施設でも設置する動きが広がっている。

 これにともない、ビックカメラでは今回販売する「AED」と同型の「AED」を有楽町店内に設置する。社員を対象に「AED」に関する使用講習会を実施し、緊急時に的確に対応できる体制を整える。

 また、5月24日に有楽町店店頭で販売イベントを開催。佐藤秀峰作の漫画「ブラックジャックによろしく」の登場人物のモデルになった心臓外科医・南淵明宏氏を招き、「AED」のデモンストレーションを行う。