ソニーは5月22日、携帯電話向けに小型化したIC記録メディア「メモリースティック マイクロ(M2)」を6月21日に発売すると発表した。

 従来の「メモリースティック PRO デュオ」の約4分の1の体積で、厚みも約1.2mmと、さらなる小型化・薄型化を図った。同時に発売する別売りの専用アダプターを装着すれば、メモリースティック PRO対応機器で使うこともできる。

 最高転送速度は160Mbps(20MB/秒)、最低書き込み速度は15Mbps。また、著作権保護技術(マジックゲート)に対応する。本体サイズは幅12.5×長さ15×厚さ1.2mm、重さは約1g。

 ラインアップは、1GBの「MS-A1GD」、512MBの「MS-A512D」、256MBの「MS-A256D」の3モデル。それぞれメモリースティック マイクロ デュオサイズアダプター「MSAC-MMD」が付属する。

 価格はオープンで、実勢価格は「MS-A1GD」が4000円前後、「MS-A512D」が3000円前後、「MS-A256D」が2500円前後の見込み。メモリースティック マイクロをメモリースティック PRO対応機器でデータを記録・再生できるようにするメモリースティック マイクロアダプター「MSAC-MMDS」は780円。