iriver japan(浅野樹美社長)は5月18日、単4形電池1本で稼動する三角柱型の携帯オーディオ「T60」シリーズを5月25日に発売すると発表。直販サイト「iriver eストア」と「アイリバーゾーン」では、特典付き先行予約受け付けを開始した。価格はオープンで、直販価格は2GBモデルが1万2800円、4GBモデルが1万7800円。

 iriver japan(浅野樹美社長)は5月18日、単4形電池1本で稼動する三角柱型の携帯オーディオ「T60」シリーズを5月25日に発売すると発表。直販サイト「iriver eストア」と「アイリバーゾーン」では、特典付き先行予約受け付けを開始した。価格はオープンで、直販価格は2GBモデルが1万2800円、4GBモデルが1万7800円。

 電源に単3形アルカリ乾電池を採用した乾電池タイプの携帯オーディオ「T50」の姉妹モデル。電池の種類を単3形から単4形に変更し、「T50」よりも軽量でコンパクト化を図った。連続再生時間は最長約19時間。「T50」の三角柱のユニークなデザインや主要機能は引き継いだ。

 操作はジョグスティックを上下左右に倒して行う。液晶ディスプレイは「T50」の1.01インチよりも小さい0.8インチ。海外でも利用可能なFMチューナー、ボイス録音機能、アラーム付きタイマー機能、語学学習に便利なスピードコントロール機能などを搭載した。

 再生可能な音楽ファイルはMP3、WMA、OGG。著作権保護されたWindows Media形式のDRM10にも対応する。ヘッドホン出力は18mW+18mW。サイズは幅27.5×高さ65.3×奥行き22.0mm、電池を除く重さは約24g。カラーは2GBモデル、4GBモデルともにホワイトとブラックの2色。