エスケイネット(妹尾兼社長)は5月16日、デジタルラジオとワンセグに対応したUSB接続の外付けチューナー「MonsterTV 1DR(SK-MTV1DR)」を5月25日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万2800円前後の見込み。デジタルラジオ受信チューナーの店頭販売は、携帯電話に次いで同製品が初めて。

 エスケイネット(妹尾兼社長)は5月16日、デジタルラジオとワンセグに対応したUSB接続の外付けチューナー「MonsterTV 1DR(SK-MTV1DR)」を5月25日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万2800円前後の見込み。デジタルラジオ受信チューナーの店頭販売は、携帯電話に次いで同製品が初めて。


 パソコンでデジタルラジオとワンセグの視聴、録音・録画を可能にするチューナー。auのシャープ製端末「W51SH」と同じ、小型の高性能チューナーを搭載。地上デジタル放送用のアンテナに接続できるF型変換ケーブルや、チューナーをPCから離れた場所に設置することで、PCからのノイズの影響を避けられるUSB延長ケーブル付きクレードルも付属する。

 視聴ソフトは、データ放送をはじめ、EPG(電子番組表)、字幕表示に対応。デジタルラジオとワンセグは、「モード切替ボタン」を押すだけで簡単に切り替えられる。5月下旬には、「留守録」機能、デジタルラジオの3セグ動画視聴などに対応する機能を追加するアップデートも実施する予定。「留守録」機能では、設定した時間の5分前になると自動的にPCが立ち上がり、録音・録画が終了するとPCの電源が自動で切れる。

 また、エスケイネットの直販サイト「SKNET e-SHOP」、ヤマハの直販サイト「Yダイレクト」の限定モデルとして、ヤマハ製のUSBスピーカー「NX-U10」と、受信感度を高めるブースター搭載外付けアンテナをセットにした「MonsterTV 1DR+NX-U10」を6月から販売する。価格は3万2600円。外付けアンテナは単体でも発売し、実勢価格は2980円前後の見込み。


 本体サイズは64×10×24mm、重さは約18g。対応OSはWindowsVista、XP。なお、DRM処理が施されるため、録音・録画したパソコン以外で番組を再生することはできない。