NTTドコモとコクヨオフィスシステム(KOS)は5月14日、携帯電話の位置情報を利用してさまざまなサービスを提供するシステム「WPS(仮称:Wireless LAN Presence System)」に関する共同実験をKOSオフィス内で実施し、効果的な活用方法に関する検証を行うと発表した。

 「WPS」は、オフィス内に「測位ユニット」を配置し、携帯電話所持者がどの測位ユニットの近くにいるかをWPSサーバーで判定することで位置を測定するシステム。共同実験では、FOMA/無線LANデュアルケータイ「N902iL」「N900iL」を利用する。

 同実験は5月17日-18日にKOS霞が関ライブオフィスで開催される「レゾナンスフィールド」で公開するほか、5月21日から6月末までは事前申し込み制で一般公開を行う。申し込みはKOSのウェブサイトで受け付ける。