ソーテック(山田健介社長)は5月10日、ヤマダ電機(山田昇社長)とKOUZIRO(松本大輔社長)と、パソコンの開発・製造と販売で業務提携したと発表した。

 ソーテック(山田健介社長)は5月10日、ヤマダ電機(山田昇社長)とKOUZIRO(松本大輔社長)と、パソコンの開発・製造と販売で業務提携したと発表した。

 今回の提携では、ソーテックとKOUZIROが新製品の企画・開発を共同で行う。同時に、KOUZIROの「FRONTIER」ブランドのパソコンの企画・開発も手がける。生産はKOUZIROが担当。販売はヤマダ電機とKOUZIROが行う。今後は3社間での資本提携も検討する。

 ソーテックは商品企画、技術、資材調達力に強みを持つ。一方、KOUZIROはパソコンの製造能力、ヤマダは販売力に強みがある。3社では、互いが得意とする領域を合わせることで、経営資源の効率的な運用と、相乗効果によるパソコン事業の拡大ができると判断。今回の業務提携に踏み切ることにした。