ソニーは5月10日、最大200V型の大画面で映像を楽しめる、「ブラビア」ブランドのビデオプロジェクター「VPL-AW15」を6月20日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は17万円前後の見込み。

 ソニーは5月10日、最大200V型の大画面で映像を楽しめる、「ブラビア」ブランドのビデオプロジェクター「VPL-AW15」を6月20日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は17万円前後の見込み。

 プロジェクター用に開発した高画質回路「ブラビアエンジン」を搭載し、豊かな陰影と色鮮やかな映像を再現できるのが特徴。新開発の165Wの高圧水銀ランプと高効率光学設計で、自然な色彩表現と、ランプHighモード時で1100ルーメンの高輝度を実現した。また、シーンの明るさに合わせてアイリス(絞り)の開閉を連動させる機構「アドバンストアイリス2」と、ランプから光学ユニットを経由して送られてくる光の漏れを抑える「ハイコントラストプレート」を組み合わせ、12000:1の高コントラストも達成した。

 1280×720の液晶パネルをR・G・B各1枚ずつ、計3枚で構成する約276万画素の「ハイビジョン対応ワイドパネル」を搭載。ハイビジョン信号のほか、720pのデジタル放送、525i、525pのDVD、HTPCにも対応する。投射レンズには、1.6倍ズームの大口径レンズ「ARC-Fレンズ」を装備し、レンズシフト機能で画面位置を調整しても画面のすみまでくっきりと表示できる。投影スクリーンサイズは40V-200V型。

 入力端子はHDMI、コンポジットビデオ端子、Sビデオ端子、コンポーネント端子などを備える。また、静音設計構造と高効率な冷却ファンを採用し、動作音は業界最低レベルの約20dBに抑えた。本体サイズは幅370×高さ119×奥行き320mm、重さは約6kg。

 新たに開発した特殊な反射材料を使用し、明るい場所でもはっきりとした映像を映し出せる80V型の「ダイナクリアスクリーン」をセットにしたキット「VPL-AW15KT」も同時に発売する。価格はオープンで、実勢価格は22万円前後の見込み。

 なおソニーでは今後、ビデオプロジェクターを液晶テレビ、プロジェクションテレビとともに、「ブラビア」シリーズとして展開する。