松下電器産業は5月10日、14.1型液晶を搭載したモバイルノートPC「Let'snote Yシリーズ」をモデルチェンジし、CPUなど基本性能を強化した「CF-Y7」を5月18日から順次発売すると発表した。個人向けのオフィスソフトなしモデル、「Office Personal 2007 with PowerPoint2007」搭載モデルのほか、OSなどをカスタマイズ可能な法人向けモデルも販売する。

 「Let'snote Yシリーズ」は、一般的な1024×768ドットの約1.8倍の情報量を持つ解像度1400×1050ドット(SXGA+)の14.1型液晶を搭載した大画面モバイルノートPC。今回、デュアルコアCPUの「Core 2 Duo 低電圧版L7300(1.4GHz)」を搭載すると同時に、メモリ容量を512MBから1GBに、HDD容量を従来の60GBから80GBに増やし、処理性能を高めた。Gigabit Ethernet(1000BASE-T)にも新たに対応した。

 従来同様、かばんに入れた状態での落下の衝撃を想定した「30cm落下試験」、満員電車を想定した圧迫・振動に耐える「天面全体で100kgf加圧振動試験」をクリア。また、キーボード全面には防滴加工を施し、万が一キーボード部分に水がかかっても、完全防水キーボードとキーボード下部に敷き詰められた「防水シート」で内部への水の浸入を防ぐ。

 OSは企業向けの「Windows Vista Business」を搭載。法人向けモデルや直販サイト「マイレッツ倶楽部モデル」では、OSをWindows XPに変更することもできる。このほか、著作権保護機能に対応したSDメモリカードスロットや、カバーが上に開く独自の「シェルドライブ」構造を採用したDVDスーパーマルチドライブを標準装備する。バッテリー駆動時間は標準バッテリーで約7.5時間、重さは約1520g。

 価格はオープン。実勢価格はOfficeなしモデルが27万5000円前後、6月15日発売のOfficeインストールモデルが31万円前後の見込み。