バッファローは5月9日、130万画素のCMOSセンサーを搭載したウェブカメラ2モデルを5月下旬に発売すると発表した。ラインアップと価格は、両耳タイプの折りたたみ式ヘッドセット付きの「BWC-130MH05シリーズ」が9797円、ヘッドセットなしの「BWC-130MS05シリーズ」は8390円。カラーはいずれもシルバーとブラックの2色。

 バッファローは5月9日、130万画素のCMOSセンサーを搭載したウェブカメラ2モデルを5月下旬に発売すると発表した。ラインアップと価格は、両耳タイプの折りたたみ式ヘッドセット付きの「BWC-130MH05シリーズ」が9797円、ヘッドセットなしの「BWC-130MS05シリーズ」は8390円。カラーはいずれもシルバーとブラックの2色。

 ノートPCの液晶部分をはじめ、液晶ディスプレイ、CRTディスプレイ、机上の平面などさまざまな場所に設置できる4ウェイスタンドを採用。カメラの角度は、置いた場所にあわせて上下左右自由に調節できる。本体にマイクも内蔵しており、ヘッドセットなしでも通話ができる。

 レンズの隣に写り方を確認できる「チェックミラー」を装備。被写体の顔を自動的に感知し、追いかけて画面中央に表示する「フェイストラッキング機能」、遠くの被写体を大きく映す「デジタルズーム機能」も備える。また、Skype利用時に、自分の顔を「赤ちゃん」「ネコ」「カエル」など8種類のキャラクターに変えられる変身ソフト「CrazyTalk for Skype Video Lite」を添付する。音声に合わせてキャラクターの口が動き、エモーションボタンを使えば32通りの感情表現も可能。

 また同時に、30万画素のCMOSセンサーを搭載し、デジタルソフトウェア処理で130万画素相当の画質で表示できるウェブカメラも発売する。リアル130万画素モデル同様、どこにでも使えるフレキシブル4ウェイスタンドを採用。チェックミラーや、フェイストラッキング機能、デジタルズーム機能なども同じく装備する。

 ラインアップと価格は、片耳タイプのヘッドセット付きの「BWC-S130MH01シリーズ」が6993円、ヘッドセットなしの「BWC-S130MS01シリーズ」が5586円。両モデルともカラーはシルバーとブラックの2色。