ソニーは4月27日、個人のプライベート映像の共有・視聴と、オフィシャル(公式)コンテンツの視聴の2つのスタイルで楽しめる無料の映像サービス「eyeVio(アイビオ)」を開始した。

 動画の共有・視聴では、家族や友人など公開範囲を設定できる「プライベート・シェアリング機能」や、携帯電話からの視聴、映像のアップロード機能を搭載。映像を簡単に編集・投稿できるよう、複数の静止画から音楽付きの映像を自動生成するソフト「x-Pict Story forアイビオ」も用意した。アイビオサイト以外の外部のブログやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に映像を貼り付けることもできる。

 また、セキュリティ対策として、サイト上のコンテンツを24時間有人監視し、著作権違法コンテンツや有害コンテンツを即時削除(公開停止)する体制を整備。映像制作者が自由に著作権の範囲を設定できるクリエイティブコモンズも採用した。

 映像コンテンツは、プライベート、オフィシャル両タイプとも、テレビのリモコンで操作するように、チャンネルごとに連続して視聴することができる。サイトの画面左には、アドレスブックやツールなど機能ボタンを集約し、各種操作が行える「My Pad(マイ・パッド)」を用意した。

 PCのほか、ビデオ再生対応の「ウォークマン」や「PSP(プレイステーション・ポータブル)」に映像を取り込み、外出先で見ることも可能。今夏にはHDHD(ハイ・ディフィニション)に対応させる予定で、将来的にはテレビ画面でも楽しめるサービスを目指す。

 ストリーミング視聴時の対応ブラウザは、WindowsがIE6以上とFireFox 1.5以上。MacintoshがFireFox 1.5以上とSafari 1.3以上。ダウンロード時のデータ形式はAVCで、対応端末はソニーの「Walkman A-800」シリーズ、アップルの第5世代iPod。