セイコーエプソン(花岡清二社長)は4月24日、ビジネス向けのプロジェクター「オフィリオ」で「EMP-X5」「EMP-822」の2機種を6月1日に発売すると発表した。税別価格はスタンダードモデルの「EMP-X5」が9万円台後半、上位モデルの「EMP-822」が19万8000円の見込み。

 2機種とも3LCD方式を採用したモバイルプロジェクター。解像度はXGAで、コントラスト比は400:1。効率的に光を使って高輝度・小型化を実現したランプシステム「E-TORLランプ」を搭載。レンズは、1.8mの距離で60型の大きさに投写できる短焦点レンズを使用し、投影の中断・再開が操作できるスライド式レンズカバーが付属する。

 コンピュータやハイビジョン信号などの入力信号を自動識別する機能や、入力検索ボタンを押せば入力されている映像ソースだけを選択する機能も備える。本体でパスワードを設定したり、操作ボタンをロックしたりできるので、利用者を管理することも可能。

 「EMP-X5」は輝度が2200ルーメンで、1Wのスピーカーを内蔵。クールダウンが不要な「ワンタッチオフ」機能を備える。一方、「EMP-822」は輝度が2600ルーメンで、7Wのスピーカーを内蔵する。さらに、クールダウンなしで片づけができる「ダイレクトシャットダウン」機能を搭載した。両機種ともサイズは幅327×奥行き245×高さ92mm、重さは「EMP-X5」が約2.7kg、「EMP-822」が約2.9g。

 発売記念キャンペーンとして、「EMP-X5」と50型相当の机上設置と掛図使用ができる携帯型スクリーンをセットにしたモデル「EMP-X5SP」と、「EMP-822」とレーザーポインタ機能付きワイヤレスマウスをセットにしたモデル「EMP-822SP」も用意する。税別価格はプロジェクター単体と同様で、いずれも限定3000台で販売する。