ソニーは4月23日、250GBのHDDを内蔵し、音楽を高音質なリニアPCM形式で録音できるデジタルオーディオレコーダー「NAC-HD1」を5月21日に発売すると発表した。価格は11万250円。

 ソニーは4月23日、250GBのHDDを内蔵し、音楽を高音質なリニアPCM形式で録音できるデジタルオーディオレコーダー「NAC-HD1」を5月21日に発売すると発表した。価格は11万250円。

 250GBのHDDとCDプレーヤー、FM/AMチューナーを搭載し、スピーカー、アンプと組み合わせて音楽を再生できるオーディオコンポーネント機器。さまざまな音源を、CDと同等の非圧縮・高音質のリニアPCM形式で録音・再生できるのが特徴。リニアPCMのほか、MP3、ATRAC形式でも録音できる。

 CDからHDDへの最大16倍速の高速録音や、FM/AM放送の録音、外部入力からの録音にも対応。HDDにはあらかじめ約35万枚分のアルバムの楽曲情報を収録しており、録音時にはアルバム名、アーティスト名、タイトルを自動で入力する。カセットテープやMDといった外部音源から録音した場合でも、波形データから曲を識別、楽曲タイトルを自動的に入力できる。

 また、独自の「12音解析技術」を採用し、FM/AMの放送を「音楽部分」と「トーク部分」に分類して録音できるほか、HDDに貯めた音楽を自動分類し、シーンに合わせた曲を自動的に選んで再生する「おまかせチャンネル」機能も搭載した。

 USBポートも装備しており、同社の「ウォークマン」や「PSP」、携帯オーディオ、携帯電話などに楽曲を転送したり、反対にHDDに取り込んだりできる。DLNAに対応したPCに貯めた音楽をネットワーク経由でストリーミング再生できる「ソニー ルームリンク機能」や、PC不要の音楽配信サービス「エニーミュージック」にも対応する。

 本体には4.3型のカラーディスプレイを装備。最大録音時間は、リニアPCMで約380時間、48kbpsのATRACで約1万1100時間。本体サイズは幅430×高さ110×奥行き290mm、重さは約7.2kg。