ソーテックは4月23日、店頭販売専用モデルとして、15.4型ワイドの「輝き液晶」を搭載したノートPC「WinBook WHシリーズ」6モデルを4月28日から順次発売すると発表した。価格はオープン。

 07年1月に発表した同シリーズの後継機種で、より処理速度の速いCPUを搭載しながらも旧モデルと同等の低価格を維持した。ボディカラーはナチュラルホワイトを基調に、本体天面も同色に統一。また従来同様、大きいフォントで見やすい19mmピッチのフルサイズキーボード、インターネットやメールソフトを瞬時に起動できるワンタッチボタンを採用した。

 6モデルとも、解像度1280×800ドットの15.4型ワイド液晶を採用。CPUはCeleronR M 430(1.73GHz)で、80GBのHDD、2層DVD±R対応のDVDスーパーマルチドライブ、IEEE802.11a/b/gに準拠した無線LANを搭載する。

 OSは、「WH3313」「WH3313B」「WH3313C」の3モデルが「Windows Vista Home Basic」、残りの「WH3513P」「WH3513PB」「WH3513PC」は上位エディションの「Windows Vista Home Premium」をプリインストール。Home Basic搭載モデルは512MB、Home Premium搭載モデルは1GBのメモリを内蔵する。

 実勢価格は、統合ソフトなしの「WH3313」が8万9800円前後、Office Personal 2007を搭載した「WH3313B」が10万9800円前後、Office Personal 2007とPowerPointを搭載した「WH3313C」が11万9800円前後の見込み。

 Home Premium搭載モデルは、統合ソフトなしの「WH3513P」が10万4800円前後、Office Personal 2007を搭載した「WH3513PB」が12万4800円前後、Office Personal 2007とPowerPointを搭載した「WH3513PC」が13万4800円前後の見込み。