ソニーと米サンディスクコーポレーションは4月16日、PCカード規格「ExpressCard」を利用した業務用ビデオカメラ向けの高速転送メモリカード「SxS(エス・バイ・エス)メモリーカード」を共同で開発すると発表した。

 ソニーと米サンディスクコーポレーションは4月16日、PCカード規格「ExpressCard」を利用した業務用ビデオカメラ向けの高速転送メモリカード「SxS(エス・バイ・エス)メモリーカード」を共同で開発すると発表した。

 「SxSメモリーカード」は、PCI Expressを利用した世界初のリムーバブルメディアで、転送速度は800Mbps(メガビット/秒)になる見込み。機器とカード間のデータ通信には独自のプロトコルを採用。業務用ビデオカメラで撮影した高解像度の映像データを、メモリカードから編集機器に高速で転送することができる。

 カードサイズは、ExpressCard規格で規定されたサイズのうち、「ExpressCard/34タイプ」を採用。従来のPCカードの約半分の幅34×長さ75×厚み5mmと小型のため、機器の小型化、軽量化にもつながるという。

 ソニーでは、新しいメモリカードを業務用ビデオカメラと映像編集システムで採用。業務用ビデオカメラ「XDCAM EXシリーズ」で新カードを使ったカメラを開発する予定。「SxSメモリーカード」は07年中の出荷を計画している。