東芝松下ディスプレイテクノロジー(藤田勝治社長)は4月9日、薄型テレビやモニター向けの21型低温ポリシリコン有機ELディスプレイを開発したと発表した。

 東芝松下ディスプレイテクノロジー(藤田勝治社長)は4月9日、薄型テレビやモニター向けの21型低温ポリシリコン有機ELディスプレイを開発したと発表した。

 RGB(赤、緑、青)3色の発光層に高分子の有機ELを採用。インクジェット方式による均一な塗布技術の開発や、電極や有機材料の組合わせの最適化などによって、低温ポリシリコンを用いた高分子タイプ有機ELとしては世界最大の対角52.8cm、20.8型画面を実現した。

 また、上面発光構造採用と合わせて、新たにナノテクノロジーレベルの光取り出し構造を各画素内に加え、発光層からの光を外部に取り出す効率を改善することで、高輝度化、低消費電力化も図った。画素数は1280×768ドット(WXGA)、表示色は1678万色。

 有機ELディスプレイは、ガラス基板上に形成した微細な有機EL層を自発光させて画像を表示するもの。早い動きでも映像が流れない高コントラストで鮮明な画像が表示できるのに加え、視野角が広いのが特徴で、バックライトなどの周辺部材が不要なため、薄型化も可能。

 同社では、低温ポリシリコン技術と有機EL技術の開発を進め、02年4月には、有機ELディスプレイでは当時最大となる17型ディスプレイを開発。携帯電話、小型モバイル機器に最適な2-3.5型有機ELディスプレイも開発し、3.5型ディスプレイは量産を行ってきた。今回、21型有機ELディスプレイを開発したことで、従来は小型が中心だった有機ELディスプレイ製品の応用範囲の拡大が可能となる。