総務省は3月23日、所得税から個人住民税への3兆円の税源移譲にかかわる理解を深めてもらうため、給料所得者(独身の場合)向けの税源移譲モバイルサイト「給料明細に異変!?」を開設した。

 07年に実施される税源移譲では、多くの人が1月から所得税の負担が減り、その代わり6月から個人住民税の負担が増える。所得税と住民税を合わせた負担額は基本的には変わらない。

 今回の「給料明細に異変!?」は、このことについて国民に広く周知・広報するために開設。同サイトでは「給料明細の異変とは!?」「あなたの給料明細どう変わる?」「知らないとハズカシイ カンタンQ&A集」を掲載。所得税と住民税について解説したり、具体的に、独身の給与所得者の場合、給与明細がどう変わるかのシミュレーションが行えるようになっている。

 サイトには、直接アドレスを入力するか、カメラ付き携帯電話でQRコード(2次元バーコード)を読み取ることでアクセスできる。また、総務省のホームページからも利用できる。