ソフトバンクテレコム(孫正義社長)は2月13日、日立製作所、富士通と共同で、認証型の公衆無線LANに接続可能な日本初の超薄型ディスプレイ「電子ペーパーディスプレイ」を開発したと発表した。

 ソフトバンクテレコム(孫正義社長)は2月13日、日立製作所、富士通と共同で、認証型の公衆無線LANに接続可能な日本初の超薄型ディスプレイ「電子ペーパーディスプレイ」を開発したと発表した。

 「電子ペーパー」は反射型表示のためバックライトが不要で視野角が広く、通電なしで画面表示を続けられる特性に加え、内蔵メモリにデータを保存したり、書き換えたりできるといった特徴を持つ。

 今回、3社が開発したディスプレイには、ソフトバンクテレコムの公衆無線LAN「BBモバイルポイント」のID、パスワード情報と一連の端末認証手順をプログラム化して搭載し、端末だけでネットワークにアクセスできるようにした。

 無線LANには常時ではなく、定期的に行う接続するようにプログラムすることで、低消費電力を実現。セキュリティは、ディスプレイと無線LAN接続の2段階で端末認証を行うことで確保した。この認証機能を応用し、インターネット経由で特定のディスプレイにコンテンツを配信することもできる。

 認証が不要な公衆無線LANや構内無線LANでの使用では、無線LAN認証機能をあらかじめ取り外すことも可能。この場合には不特定多数のディスプレイにコンテンツを配信できる。無線通信機能を搭載すれば、遠隔地からコンテンツをディスプレイに配信することも可能。

 3社ではディスプレイを設置した全国の拠点に共通のコンテンツを同時に配信したり、駅やビル、マンションなどに、設置場所に合ったコンテンツを配信する「ネットワーク掲示板」をはじめ、持ち歩いて必要な情報をネットワーク経由で取り込んで保存し、後で内容を確認するといった蓄積型の携帯情報ディスプレイでの利用を見込んでいる。

 ソフトバンクテレコムは今後、ディスプレイを使って社内外でフィールド実験を実施。インターネットと連動したサービスの可能性を検証する。また、新たな機能の開発も進めていく予定。