ミクシィ(笠原健治代表取締役)は1月30日、同社が運営するSNS(Social Networking Service=会員制コミュニティサービス)「mixi(ミクシィ)」で、動画共有サービス「mixi動画」を2月5日に開始する予定だと発表した。

 ミクシィ(笠原健治代表取締役)は1月30日、同社が運営するSNS(Social Networking Service=会員制コミュニティサービス)「mixi(ミクシィ)」で、動画共有サービス「mixi動画」を2月5日に開始する予定だと発表した。

 サービス内容は、動画アルバム、日記への引用、アップした動画を整理する動画タグ機能、携帯電話で撮影した動画のアップロードなど。これにともなってトップページにあるサブメニュー表示を「フォトアルバム」から「動画・フォト」に変更。さらに、トップページにテキスト情報の「マイミクシィ最新動画」の一覧表示を加える。

 動画のアップロードはmixiのプレミアムユーザーのみで、閲覧はmixiユーザーなら誰でも可能。動画の条件は、1ファイルあたり最長5分で最大50MB、1人あたり500MB以内。ファイル形式はavi、mov、mpeg、wmv、3gp。

 動画サービス開始の狙いについて同社では、「テキストと静止画像以外に動画を媒介としたリッチな交流が可能になるため、mixi上の交流が一層活発になる」としている。