シャープは1月18日、手書きパッドを装備した高校生向け電子辞書「Papyrus(パピルス)PW?GT550」と、「同PW?G500」を1月25日に発売すると発表した。価格は「PW?GT550」が5万6700円、「PW?G500」が4万4100円。

 シャープは1月18日、手書きパッドを装備した高校生向け電子辞書「Papyrus(パピルス)PW?GT550」と、「同PW?G500」を1月25日に発売すると発表した。価格は「PW?GT550」が5万6700円、「PW?G500」が4万4100円。

 いずれも5.4型モノクロ液晶と20mm口径のダイナミックスピーカーを装備し、ネイティブ音声再生機能を搭載する。再生速度が変わっても音程が変わらない速度変更機能も備え、ネイティブ音声では1/2‐2倍まで再生速度を切り替えることができる。なお、ネイティブ音声コンテンツ収録数は「PW?GT550」が22、「PW?G500」が7。

 また、テスト問題をランダムに出題する「シャッフルテスト」機能のほか、センター試験の過去のリスニング問題など、インターネット上にあるMP3形式の語学音声や、参考書などに付属のCDの音声データを、SDメモリーカードで取り込み、学習できるMP3プレーヤー機能も搭載した。

 上位モデルの「PW?GT550」は約23×27mmの手書きパッドをキーボードの手前に配置。付属のタッチペンを使って読み方の分からない漢字を調べたり、収録コンテンツのテスト問題に手書きで回答することができる。また、ネイティブ音声再生機能だけではなく、合成音声を再生するTTS機能も搭載。ネイティブ音声コンテンツ以外の英単語や例文などを抑揚のついた合成音声で読み上げることができる。

 収録コンテンツ数は、「PW?GT550」が高校生必携の5教科9科目を含んで約60。「PW?G500」が同32。本体サイズは両機種とも幅141.8×奥行き107.8×高さ11.9mm、重さは「PW?GT550」が約259g、「PW?G500」が約256g。電源は単4アルカリ乾電池2本で、「PW?GT550」が約140時間、「PW?G500」が約150時間の使用が可能。カラーは「PW?GT550」のみ、ホワイトとピンクの2色をラインアップする。