日本ビクターは1月18日、ギャップレス再生や「USBデジタルメディアストリーミング」に対応するフラッシュメモリタイプの携帯オーディオ「XA-C210」「XA-C110」「XA-C51」を2月上旬に発売すると発表した。カラーはそれぞれブラック、シルバーの3色。

 独自のデジタル高音質化技術「K2テクノロジー」を搭載し、臨場感のある音楽再生ができる。対応する音楽ファイルはMP3/WMA/WAV/AAC。ダイレクト録音機能も搭載し、リニアPCM方式で録音が可能。内蔵ステレオマイクのほかFMチューナーやライン入力からも録音できる。

 ライブ盤など曲間が連続している音源でも途切れずに再生できる「ギャップレス再生」に対応する。また再生スピードを3段階で可変することも可能。聴きたい曲をすばやく検索できる「高速インデックスサーチ」などの検索機能も搭載した。

 「USBデジタルメディアストリーミング」にも対応。同日に同社が発表したメモリコンポ「UX-DM8」と組み合わせることで、著作権保護されたWMAファイルやMP3ファイルをデジタル信号のままでストリーミング再生することもできる。

 本体は幅44×高さ86×奥行き11.7mm、重さ約49gで、スーツやシャツの胸ポケットに収まるコンパクトサイズ。1.27インチのカラー有機ELディスプレイを装備し、ジャケット写真や静止画の表示にも対応する。

 価格はオープン。実勢価格は容量2GBの「XA-C210」が3万円前後、1GBの「C110」が2万5000円前後、512MBの「C51」が2万円前後の見込み。