日本SGIは1月18日、立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」のオフロードモデル「セグウェイPT x2」、ゴルフ場用モデル「セグウェイPT x2 Golf」を発売したと発表した。道路交通法上の問題で国内の公道では使用できないが私有地などでの利用は可能なため、ゴルフ場をはじめ、アミューズメント施設などをターゲットに販売する。

 日本SGIは1月18日、立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」のオフロードモデル「セグウェイPT x2」、ゴルフ場用モデル「セグウェイPT x2 Golf」を発売したと発表した。道路交通法上の問題で国内の公道では使用できないが私有地などでの利用は可能なため、ゴルフ場をはじめ、アミューズメント施設などをターゲットに販売する。

 去年10月から販売している汎用モデル「セグウェイPT i2」をベースとしたモデルで、屋外での乗車やゴルフ場向けに改良したもの。「セグウェイPT x2」はタイヤをオフロード用に変更するなど安定性を向上させ、山道や海辺でも利用できるようにした。一方、「セグウェイPT x2 Golf」はゴルフ場の芝の上での運用を考慮したタイヤを採用したほか、ゴルフバッグを積み込むことができるのが特徴。

 2モデルともに最高速度は時速20kmで、電源には家庭で充電できるリチウムイオンバッテリーを使用。フル充電時で14-19km走行できる。価格は「セグウェイPT x2」が99万9000円、「セグウェイPT x2 Golf」は110万円。購入には専用の損害保険の加入が条件で、保険料6万7500円が別途必要。

 同時に、セグウェイの運用や販売などを行うための展示キット「セグウェイ・ステーション」も販売すると発表した。ショールームベースユニット、セグウェイの展示台、アクセサリー展示用パネル、照明機器、充電用コンセントなどで構成。ユニット単位の各パーツを組み立てるだけで済むため、建物の改造が不要で約2日の工事期間で設営できる。導入に必要な敷地面積は約35m2。

 価格は500万円からで、リースも可能。リースの場合の利用料は3年契約で月額16万7000円。日本SGIでは販売促進を狙い「セグウェイ・ステーション」を本社内に開設した。