マイクロソフトは1月17日、同社初のWebクリエーター向けデザインツール「Microsoft Expression Studio(Expression Studio)」を発表した。

 「Expression Studio」は、Web標準に準拠したWebサイトが構築できるオーサリングツール「Expression Web」をはじめ、「Expression Blend」「Expression Design」「Expression Media」の4ソフトで構成するスイート製品。新OS「Windows Vista」に搭載される「Windows Presentation Foundation(WPF)」技術を利用しており、ベクターグラフィックやビットマップイメージに加え、3DCGやWindows Mediaを用いた視覚効果の高いコンテンツを効率的にデザインすることができる。

 作成したコンテンツは、WebアプリケーションやWindows Vistaアプリケーションとしても利用可能。「Expression Web」では、XML、ASP.NET、XHTMLを介して「Visual Studio」との連携も実現する。

 まずは、「Expression Web 日本語版」を2月16日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万7800円前後の見込み。発売に先立ち、インストールから60日間、すべての機能を利用できる評価版のダウンロード提供を17日から開始。「Expression Blend ベータ日本語版」も同時に公開した。