ソフマップ(野口進社長)は1月17日、「Windows Vista」に対応するオリジナルデスクトップPC「バーガーパソコン」と「牛丼パソコン」10機種を2月上旬から順次発売すると発表した。

 ソフマップ(野口進社長)は1月17日、「Windows Vista」に対応するオリジナルデスクトップPC「バーガーパソコン」と「牛丼パソコン」10機種を2月上旬から順次発売すると発表した。

 OS、キーボード、マウス、スピーカーを標準装備する「バーガーパソコン」シリーズでは「Windows Vista Home Basic」「Windows Vista Home Premium」「Windows Vista Ultimate」を搭載した7機種を発売する。

 OSに「Windows Vista Home Basic」を搭載するのは、「バーガー(SFW-SV33616/M16OS)」「チーズバーガー(SFW-AV63016/M16OSF)」「チーズバーガー+Office(SFW-AV63016/M16OSFBU)」の3機種。

 OSに「Windows Vista Home Premium」を搭載するのは「テリヤキバーガー(SFW-AVE43016/M16OSF)」「フライドフィッシュバーガー(SFW-AV64125/M16OSF)」「ビッグバーガー(SFW-AVE66032/M16OSPF)」。

 最上位OS「Windows Vista Ultimate」を搭載する「スペシャルバーガー(SFW-AVE66032/M16OSU)」も販売する。

 価格はCPUにCeleron D 336(2.8GHz)、512MBメモリ、160GBのHDDを搭載した「バーガー」が5万9800円。CPUがPentium 4630(3.0GHz)で、512MBメモリ、160GBのHDDを搭載した「チーズバーガー」が6万9800円。Pentium 4 630(3.0GHz)、512MBメモリ、160GBのHDDを搭載し、「Office Personal with PowerPoint 2007」をプリインストールした「チーズバーガー+Office」は9万9800円。

 CPUにCore 2 Duo、1GBメモリ、160GBのHDDを搭載した「テリヤキバーガー」が9万9800円。Pentium 4 641(3.2GHz)、1GBメモリ、250GBのHDDを搭載した「フライドフィッシュバーガー」は10万9800円。

 Core 2 Duo E6600(2.40GHz)、1GBメモリ、320GBのHDDを搭載した「ビッグバーガー」が12万9799円。Core 2 Duo E6600(2.40GHz)、1GBメモリ、320GBのHDDを搭載した「スペシャルバーガー」は16万9800円。

 Vistaに対応するOS別売りの「牛丼パソコン」シリーズでは、「並盛(SF-SV33616/M16)」「大盛(SF-AV63016/M16)」「特盛(SF-AVE43016/M16)」の3機種をラインアップ

 価格はCeleron D 336(2.8GHz)、512MBメモリ、160GBのHDDを搭載した「並盛」が4万9800円。Pentium 4 630(3.0GHz)、512MBメモリ、160GBのHDDを搭載した「大盛」が5万9800円。Core 2 Duo、1GBメモリ、160GBのHDDを搭載した「特盛」が8万9800円。全機種ともDVDスーパーマルチドライブを標準装備する。