シャープは1月15日、OSに「Windows Vista Home Basic」を搭載したノートPC「メビウス」を1月30日に発売すると発表した。

 独立テンキーを採用した15.4型ワイドピュアクリーン液晶を搭載した「PC-WT70S」「PC-WE50S」「PC-WE40S」をはじめ、14.1型ピュアクリーン液晶搭載のベーシックタイプ「PC-CS50S」「PC-CH40S」など、2シリーズ5機種をラインアップした。価格はすべてオープン。実勢価格は「PC-WT70S」が17万円前後、「PC-WE50S」が15万円前後、「PC-WE40S」が13万円前後、「PC-CS50S」が15万円前後、「PC-CH40S」が13万円前後の見込み。

 デュアルコアCPU、学習ソフト「脳力トレーナー」「ウノタン 高める記憶力」などを全モデルに搭載。「PC-WT70S」「PC-WE50S」「PC-CS50S」には、「Office Personal 2007」がプリインストールされる。Windowsサイドバーには、電子書籍「FlipBook」に対応するガジェット「HOT!eBooks 10」を採用し、ソフトウェア面でも強化を図った。

 そのほか、IEEE802.11b/g規格の無線LAN機能、DVDスーパーマルチドライブ、SDメモリカードとメモリースティック、xD-ピクチャーカードに対応したスロットを全機種で標準装備した。