サードウェーブ(尾崎敏江代表取締役)は1月15日、同社が運営するパソコンショップ「ドスパラ」で、「Windows Vista」を搭載したオリジナルパソコン「Prime」の受注を開始したと発表した。同時に「Office Personal 2007 with PowerPoint 2007」搭載モデルの受け付けも行う。

 デスクトップPCでは、OSに「Windows Vista Home Basic」をインストールした「Prime Knight VM」、「Windows Vista Home Premium」をインストールの「Prime Galleria LM」「Prime Galleria HG」、「Windows Vista Ultimate」をインストールした「Prime Monarch LX」の4機種、ノートPCでは「Windows Vista Ultimate」をインストールした「Prime Note Chronos NW2 お奨めカスタム」をラインアップした。

 「Prime Knight VM」は80GBのHDDに512MBのメモリ、「Prime Galleria LM」は160GBのHDDに1GBのメモリ、「Prime Galleria HG」は250GBのHDDに1GBのメモリ、「Prime Monarch LX」は320GBのHDDに2GBのメモリをそれぞれ搭載した。

 「Prime Note Chronos NW2 お奨めカスタム」では80GBのHDDに1GBメモリを搭載する。デスクトップ、ノートとも全機種でカスタマイズに対応。「PremiumReadyスペック」へのアップグレードもできる。

 価格は、デスクトップPCで「Prime Knight VM」が4万9980円、「Prime Galleria LM」が10万3980円、「Prime Galleria HG」が14万3980円、「Prime Monarch LX」が17万9980円。

 ノートPCの「Prime Note Chronos NW2 お奨めカスタム」が17万1980円。「Office Personal 2007 with PowerPoint 2007」搭載モデルの場合は、それぞれ3万円が追加される。