シーピーアイ(野尻泰正代表取締役)は1月10日、Windows Vista用データ移行ソフト「即!Vistaへお引越し」を2月1日に発売すると発表した。価格は5040円。

 Windows XP、2000を搭載するPCのデータや操作環境を、Windows Vista搭載のPCに移行するソフト。付属の専用LANケーブルで2台のPCを接続するか、USB接続の外付けHDDを使ってデータ移行ができる。あらかじめ決められた環境の引っ越しを行う「自動で引越し」と、アプリケーションの設定やファイルを指定して引っ越しする「選んで引越し」のどちらかが選択できる。作業後は、移行済みデータを表示するレポートが作成される。

 外付けHDDを使用する場合はデータを暗号化するので安全に移行できるうえ、引っ越しが中断しても再開が可能。「ファイル比較(Verify機能)」「自動リトライ」「電源切断時復旧」「ステータス表示」などの機能も搭載する。画面に表示するガイダンスに従うだけで操作できるので、PC初心者でも簡単に使用できる。

 引っ越し元のPC用と引っ越し先のPC用、各プログラムを収録した2枚のCDを付属し、それぞれをセットすれば自動でプログラムが起動する。移行できるアプリケーションは、「InternetExplorer」「OutlookExpress」「Outlook」「Excel/Word/PowerPoint」。