NECとNECパーソナルプロダクツは1月12日、Windows Vista搭載PCやPCを中心としたホームネットワークが体感できるショールーム「NEC・くらし・PC・わくわくリビング Supported by Intel」を開設すると発表した。オープンは1月19日で入場は無料。

 所在地は、東京都新宿区西新宿の新宿センタービル B1F。営業時間は11時-19時。展示面積は約71.32平方メートル。ショールームでは、OSに「Windows Vista」を搭載したモデルやインテルの最新CPUを搭載したモデルなど、1月中に発売予定の新製品をいち早く展示する。

 このほか、地上デジタル放送やPCを家庭内サーバーとして利用して各PCに配信した映像を体験できる「Living Room」、ホームネットワークで映像・音楽を楽しむ趣味の部屋をイメージした「Hobby Room」、ホームネットワークを活用し、写真や動画の編集などの創作活動ができる「Study Room」を設置。来場者に、同社の個人向けPC「LaVie(ラヴィ)」「VALUESTAR(バリュースター)」を中心としたホームネットワークを体験してもらう。

 NECでは、今後、複数台のPCやデジタル機器を相互に接続しネットワークを組んだ利用形態が増えると判断。今回のショールームは、「ホームネットワークに関する情報を発信するとともに、実際の体験を通じて、その利便性や活用のひろがりを理解してもらうための場として開設した」としている。なお、ショールームの運営はインテルがサポートする。