米アップルは現地時間1月9日、タッチスクリーン方式の3.5インチワイド液晶ディスプレイを装備した音楽プレーヤー兼用のカメラ付き携帯電話「iPhone」を発表した。対応する通信方式はGSMとEDGEの2つ。07年6月の米国での発売を皮切りに、07年後半に欧州、08年にアジア地域で発売する予定。

 大型のマルチタッチディスプレイを備え、画面上で指を動かすだけで通話やメールの送受信ができるのが特徴。パソコンとの連携が可能で、Windows PCやMacintosh、「Yahoo!」などのインターネットサービスからアドレス帳などを同期できる。受信したボイスメール(留守番電話で再生するメッセージ)のリストを見ながら、目的のメッセージを直接聞くことができる業界初の「Visual Voicemail(ビジュアル・ボイスメール)」機能も盛り込む。

 iPod同様の音楽・ビデオ再生機能も備えており、指を動かしてスクロールするだけで音楽などを再生できる。また、アルバムのカバーアートワークで音楽ライブラリをブラウズできる機能「Cover Flow」をiPodとして初めて採用。本体を横向きに回転させると、自動的に「Cover Flow」に切り替わる。

 このほか、200万画素のカメラ、無線技術のWi-Fi、フルQWERTYソフトキーボードをもつSMSアプリケーション、リッチHTMLメールクライアント、ウェブブラウザ、独自の地図アプリケーションなどを搭載する。ソフトウェアキーボードは、推測によってタイプミスを修正するため、スマートフォンが搭載する小型キーボードよりも効率的に打ち込める。

 本体は内蔵センサーの働きで、きょう体を回転させると見ている向きに表示を自動的に切り替えるほか、耳に近づけると自動的にディスプレイをオフにし、耳から離すと元の状態に戻る。利用には、USBポートを搭載し「iTunes 7」以降をインストールするWindows PCまたはMacintoshと、インターネット接続環境が必要。対応OSはWindows XP、2000と、Mac OS X バージョン10.4.8以降。

 米国ではシンギュラー社の端末として、アップルとシンギュラーそれぞれの直営店とオンラインストアで販売する。価格は4GBモデルが499ドル、8GBモデルが599ドル。サービスプランは6月までに発表する予定。

 シンギュラー社は米国最大の携帯電話事業者で、アップルは「iPhone」を独占供給する。「iPhone」で採用したビジュアル・ボイスメール機能は、両社で共同開発した。