KDDIは1月10日、第3世代携帯電話「CDMA 1X」で、子ども向け端末「ジュニアケータイA5525SA」と「Sweet cute」を1月下旬に発売すると発表した。2端末ともに三洋電機製で、親が子どもの位置を確認できるサービス・機能を強化したのが特徴。価格はオープン。実勢価格はともに1万円前後の見込み。

 KDDIは1月10日、第3世代携帯電話「CDMA 1X」で、子ども向け端末「ジュニアケータイA5525SA」と「Sweet cute」を1月下旬に発売すると発表した。2端末ともに三洋電機製で、親が子どもの位置を確認できるサービス・機能を強化したのが特徴。価格はオープン。実勢価格はともに1万円前後の見込み。


 新たに搭載した機能は「移動経路通知」。携帯電話の防犯ブザーを鳴らしたり電源が切れた場合に動作する。防犯ブザーを鳴らした場合には自動的に端末のカメラで写真を撮影、登録先の携帯電話に電話を発信する。その後、端末の位置を1分間隔で記録し、専用サーバーに送信。登録した携帯電話に位置確認用のURLと共に写真をメールで送信する。位置情報はパソコンからも確認できる。


 また電源が切られた場合には、自動的に写真を撮影、送信した後に防犯ブザーが鳴った時と同様に位置情報の記録を開始する。実際は、電源を完全にオフにしている場合には使えないが、電源をオフにしたようにカモフラージュする機能を装備。第三者が通常の手順で電源を切ったつもりでも実際は電源オンが持続でき、写真の送付や位置情報の記録が継続できる。

 そのほか、登録相手の携帯電話から特定の文字列を含んだショートメッセージを受信すると位置情報のアドレスを相手に発信し、位置情報の記録を開始する機能も盛り込んだ。

 子どもが誘拐された場合などでは、写真を自動的に撮影しても必ずしも犯人の顔を撮影できるわけではなく、服や景色などが写ってしまう可能性が高い。しかしKDDIでは、「たとえ服や景色が写っても緊急時には子どもがどんな状況にあるかを把握したり、警察が捜査する場合の手がかりになるため、搭載することにした」(幡容子・au商品企画本部モバイルサービス部課長)。

 移動経路通知の起動時間は約2時間。利用料は無料だがパケット通信料がかかる。2端末ともにパケット通信の定額制に対応しておらず、通信料は従量課金される。2時間フルで機能を利用した場合の料金は割引サービスを利用しない場合で約250円。情報を受信する親の端末通信料は120-30円。

 そのほか、位置情報サービス「安心ナビ」では、親が事前に時間を設定すれば位置確認を自動的に行い、通知する機能を追加。さらに、携帯電話だけでなくパソコンからも位置情報を確認できるようになった。また、「エリア通知」と「位置確認」のアプリケーションを1つに統合し、使い勝手を向上させた。

 「ジュニアケータイA5525SA」は小学校3-4年の児童をターゲットにした端末で、防水性能規格「IPX4」相当の防水機能を装備。専用の工具を使わなければ電池が外せないようにしたほか、ストラップを引っ張る方式の防犯ブザーも備えた。


 デザインはインダストリアルデザイナーの柴田文江さんが担当。北欧の玩具をイメージした丸みを帯びた形を採用した。サイズは幅53×高さ102×厚さ26mm、電池を含めた重さは約140g。カメラは有効131万画素。カラーはブルブルー、グリグリーン、ドレミレッドの3色。

 一方、「Sweet cute」も柴田文江さんがデザインを担当し、小学校5-6年から中学生が対象。ふんわりとしたやわらかさをイメージした形と色づかいを採用した。カラーはストロベリーシフォン、レモンタルト、ソーダフロートの3色。いずれの端末にもカスタマイズ用のシールが4種類付属する。


 英和4万6000語、和英5万6000語を収録した「Gモバイル英和・和英辞典」、4万7000語を収録する「明鏡モバイル国語辞典」、カメラをかざすと漢字のよみがなと意味を表示する「カメラde辞書」といった学習用の機能も搭載した。カメラは有効131万画素。サイズは幅50×高さ99×厚さ25mm、電池を含めた重さは約118g。