ジャストシステム(浮川和宣社長)とNTTレゾナント(和才博美社長)は、最新の流行語や時事用語などの変換効率が向上する省入力辞書「goo流行語辞書 2006年キーワード編 for ATOK」のダウンロード提供を開始した。「ATOK 2006」製品登録ユーザーを対象としたサービスで、ATOKパワーアップサイト「ATOK.com」で無償で提供する。

 「goo流行語辞書 2006年キーワード編」は、06年1月-12月までにインターネットポータルサイト「goo」の検索サービスで入力された流行語、人物名、経済・時事用語を「ATOK」の省入力データにしたもの。最初の数文字を入力しTabキーを押すだけで、入力したい語句を候補表示するため、最新の言葉も効率よく入力できる。

 主な収録語は、「Windows Vista」「エビ売れ」「ノロウイルス」「Wii」「オグシオ」「ハンカチ王子」「愛ルケ」「男おやつ」「メガネ男子」「イナバウアー」「すみだタワー」「吉ブー」「イベリコ豚」「ツンデレ」「脳トレ」など。

 ジャストシステムでは、今後もさまざまな分野の言葉を「ATOK辞書」に反映し、快適な日本語入力環境の整備に取り組む方針。一方、NTTレゾナントは、今後も定期的に「ATOK」向け流行語辞書を提供し、ジャストシステムと成果を持ち寄ることで、日本人が使いやすいインターネットサービスを目指す。