東芝は1月5日、4GBのSDHCメモリカード「SD-HC004GT6」と4GBのminiSDHCメモリカード「MSD-HC004GT」を3月に、2GBのmicroSDメモリカード「SD-MC002GT」を4月に発売すると発表した。

 東芝は1月5日、4GBのSDHCメモリカード「SD-HC004GT6」と4GBのminiSDHCメモリカード「MSD-HC004GT」を3月に、2GBのmicroSDメモリカード「SD-MC002GT」を4月に発売すると発表した。

 SDHCメモリカード「SD-HC004GT6」は、6MB/秒以上の速度を保証するSDスピードクラスの「クラス6」に対応する高速タイプ。最大で約20MB/秒の高速書き込みが可能という。

 miniSDHCメモリカード「MSD-HC004GT」は、2GBを超える大容量を実現するSDメモリカードの新規格「Ver2.00」に準拠。miniカードサイズでは最大の4GBの容量を持つと同時に、4GBタイプでは業界初の「クラス4」に対応する。

 microSDカードの新製品「SD-MC002GT」を含め、いずれもCPRM技術を採用した高度な著作権保護機能を搭載する。価格はともにオープン。実勢価格は「SD-HC004GT6」と「MSD-HC004GT」が2万円前後、「SD-MC002GT」が1万5000円前後の見込み。