アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)は12月27日、速度規格「Class 6」に対応した容量4GBのSDHCメモリカード「SDHC-S4G」と、「Class 2」に対応した大容量8GBのSDHCメモリカード「SDHC-8G」を07年1月下旬に発売すると発表した。価格はともにオープン。実勢価格は、「SDHC-S4G」が2万2800円前後、「SDHC-8G」が3万7800円前後の見込み。

 アイ・オー・データ機器は12月27日、速度規格「Class 6」に対応した容量4GBのSDHCメモリカード「SDHC-S4G」と、「Class 2」に対応した大容量8GBのSDHCメモリカード「SDHC-8G」を07年1月下旬に発売すると発表した。価格はともにオープン。実勢価格は、「SDHC-S4G」が2万2800円前後、「SDHC-8G」が3万7800円前後の見込み。

 「SDHC-S4G」は、SDアソシエーションが定めたデータ書き込み時の最低保証速度を示す速度規格「スピードクラス」の「Class 6」に対応した高速タイプのSDHCカード。一方「SDHC-8G」は、スピードクラス「Class 2」に対応し、従来製品の4GBタイプの容量アップモデルとなる。

 どちらも、SDMI規格準拠の著作権保護機能に対応。3年間のハードウェア無償交換や、専用のサポートダイヤルなどを利用できる独自のサポートサービス「メモリーカードAAA保証」の対象製品にもなっている。