三菱電機は12月27日、液晶ディスプレイ「Diamondcrysta(ダイヤモンドクリスタ)」で、ワイドタイプの22型液晶ディスプレイを07年1月26日に発売すると発表した。本体カラーがホワイトの「RDT221WM」、ブラックの「RDT221WM(BK)」の2機種を販売する。価格はオープン。実勢価格は5万9800円前後の見込み。

 三菱電機は12月27日、液晶ディスプレイ「Diamondcrysta(ダイヤモンドクリスタ)」で、ワイドタイプの22型液晶ディスプレイを07年1月26日に発売すると発表した。本体カラーがホワイトの「RDT221WM」、ブラックの「RDT221WM(BK)」の2機種を販売する。価格はオープン。実勢価格は5万9800円前後の見込み。

 解像度が1680×1050画素のWSXGA+対応液晶パネルを採用。輝度は300cd/m2、コントラスト比800:1、応答速度は5msec(ミリ秒)で、動画コンテンツなども鮮明に表示できる。表示色は約1677万色、視野角は左右160度、上75度、下85度。本体前面には、1W+1Wのステレオスピーカーも内蔵する。

 入力端子は、パソコンからデジタル信号を直接伝送できるデジタル端子「DVI-D端子」と、アナログ端子の「ミニD-SUB15ピン」の2系統を装備。デジタルとアナログ入力で2台のパソコンを接続し、切り替えて表示することもできる。サイズは幅505.2×高さ427.8×奥行き210.8mm、スタンドを含む重さは約6kg。