シャープは12月27日、ポーランドにある液晶モジュールの生産・販売子会社「シャープ・マニュファクチャリング・ポーランド(SMPL)」が、07年1月からテレビ用液晶モジュールの生産を開始すると発表した。

 シャープは12月27日、ポーランドにある液晶モジュールの生産・販売子会社「シャープ・マニュファクチャリング・ポーランド(SMPL)」が、07年1月からテレビ用液晶モジュールの生産を開始すると発表した。


 SMPLの工場では、シャープのスペイン工場などで生産される欧州市場向け大型液晶テレビに搭載する液晶モジュールを製造する。稼動当初は月産10万台でスタート。欧州市場では大型液晶テレビの需要が拡大しており、同工場では、07年中に液晶テレビの生産も検討している。

 SMPLは06年4月に設立。所在地はポーランド北部のクヤフスコ・ポモルスキー県ウィソミッツァ郡で、敷地面積は約50万m2、第一期の延べ床面積は約4万4000m2。従業員は約800人。