KFE JAPANは(原田隆朗社長)12月26日、有効509万画素CMOSイメージセンサーを搭載したデジタルビデオカメラ「EXEMODE DV572」を発表した。12月28日からショッピングサイト「ネットプライス」と「exemode e-shop」で販売する。価格は1万4800円。

 KFE JAPANは(原田隆朗社長)12月26日、有効509万画素CMOSイメージセンサーを搭載したデジタルビデオカメラ「EXEMODE DV572」を発表した。12月28日からショッピングサイト「ネットプライス」と「exemode e-shop」で販売する。価格は1万4800円。

 記録媒体にSDメモリカードを採用したデジタルビデオカメラで、1秒間に最大30コマのVGA動画が録画できる。本体には、32MBのフラッシュメモリも内蔵。撮影した画像は本体の2.0型液晶モニターで確認できるほか、テレビやパソコンなどにも出力できる。

 動画、静止画ともデジタル4倍のズーム撮影が可能。静止画では、フラッシュ撮影、セルフタイマー撮影も可能で、ウェブカメラとしても使える。電源は単3形アルカリ乾電池4本を使用。本体サイズは幅43.5×高さ70×奥行き120mm、重さは約185g。SDメモリカードは別売りで、32MBから最大2GBまで対応する。