リンクスインターナショナル(川島義之代表取締役社長)は、380WのATX電源を搭載したAntec製のPCケース「NSK3400」を12月22日に発売した。価格はオープンで、実勢価格は1万4800円前後の見込み。

 発熱量の高い電源とマザーボードを別々の冷却ゾーンに隔離するデュアルチャンバー構造(2部構造)を採用し、静音性と冷却性能を高めた。サイズは幅197×奥行349×高さ356mm、重さは約8.1kg。

 リアは3段階のスピード調節機能が付いている120mmTriCoolファンを備える。3.5インチシャドウベイにはシリコングロメットを備え、ハードディスクの振動を吸収しノイズを低減する。ケースの足にも大型のシリコンゴムを採用。動作振動を緩和し、安定した設置ができる。

 利用可能なドライブベイは、5.25インチ×2、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×1。搭載可能なマザーボードはMicro ATX。フロントポートはUSB2.0コネクタ×2、IEEE1394コネクタ×1、Audio In/Out×1。製品保証は3年間。