松下電器産業は12月26日、ヒトの目の虹彩を認証することでセキュリティ管理を行う生体認証カメラ「BM-ET200」を07年1月9日に発売すると発表した。価格は31万5000円。

 松下電器産業は12月26日、ヒトの目の虹彩を認証することでセキュリティ管理を行う生体認証カメラ「BM-ET200」を07年1月9日に発売すると発表した。価格は31万5000円。

 「虹彩」とは、ヒトの眼球内にある薄い円盤状をした膜のこと。膜は複雑な模様で、左右の眼でも異なっているため、個人の特定に有効とされている。「BM-ET200」は、この虹彩を高速で認識するエンジンを搭載。利用者がカメラ内蔵のミラー(鏡)を見ると、眼を自動的に認識して撮影し、約0.3秒でデータ照合と認証を行う。約0.3秒の高速認証は従来モデルの約3倍のスピードで、誤認識率も120万分の1以下という高い精度を持つ。

 内蔵ミラーは従来のシングルミラーからダブルミラー方式に変更し、両目の位置合わせを容易にすると同時に、見る位置をわかりやすくした。また、カメラ内蔵の距離インジケーターと音声ガイドで利用者とカメラの間との前後距離を誘導し、利用者が目と耳で直感的に距離を把握できるようにした。

 動作モードは、「スタンドアローンモード」と管理用パソコンとカメラをLANで接続する「ネットワークモード」を装備。「スタンドアローンモード」では、カメラ本体に内蔵された50人分のライセンスを利用することで、初期設定を除いてカメラ単体でも運用できる。「ネットワークモード」はパソコンと別売りの管理ソフト「BM-ES200」を利用し、最大256台のカメラ、1万25人のユーザーまで管理することができる。

 サイズは幅203×高さ190×奥行き77mm。管理ソフト「BM-ES200」の価格は16万8000円。