マスプロ電工は12月25日、オートブースター(UHF自動利得調整機能)内蔵の地上デジタル放送用の卓上型UHFアンテナ「TT2B」を12月26日に発売すると発表した。価格は1万6800円。

 マスプロ電工は12月25日、オートブースター(UHF自動利得調整機能)内蔵の地上デジタル放送用の卓上型UHFアンテナ「TT2B」を12月26日に発売すると発表した。価格は1万6800円。

 室内でも安定して受信できるよう、多重ループを上下2段に積み重ねた独自開発の放射器を使用、感度を5?7dBに高めた。さらに、アンテナと30dB型のオートブースターを内蔵する。これは、UHF全帯域の入力レベルを自動で調整するテレビ信号増幅器で、マスプロが業界で初めて製品化したもの。

 卓上だけでなく、ベランダのフェンスなど屋外にも設置できるうえBS・CSミキサーも内蔵。BS・110度CSアンテナと混合することもでき、1本のケーブルで屋内に引き込める。サイズはアンテナ部が高さ616×幅111×奥行き90mm、スタンドを含む重さは約1530g。電源部は高さ30×幅68×奥行き99mm、スタンドを含む重さは約260g。