ソースネクスト(松田憲幸社長)は、PCの処理を速くするPCソフト「驚速」シリーズに新タイトルを追加した。ファイル収集ソフト「驚速ファイル収集」と、動画編集ソフト「驚速動画カッター」で、1月26日に発売する。価格はともに1980円。

 「驚速ファイル収集」は、ホームページにリンクされている動画や画像、音楽ファイルなどをキーワードとファイル形式を指定するだけで収集することができるソフト。「Google」や「Yahoo!」などの検索サイトを選び、キーワードとファイルの種類を指定するだけで、目当てのファイルを検索し、ダウンロードすることができる。

 最大30ファイルの同時ダウンロードができるほか、大きなファイルを分割してダウンロードすることも可能。またファイル名の連番を自動予測し、効率的にファイルを検索することもできる。

 「驚速動画カッター」は、動画ファイルの必要なところのみ取り出したり、複数のファイルを1つにまとめることができるソフト。ファイルの分割では、長い動画ファイルの、必要な部分のみ取り出すことができるので、録画したWebテレビのCMをカットすることなどが可能。またMPEGファイルであれば、時間、ファイル名を指定するだけで自動分割もできる。

 結合操作は繋げたい順にドラッグ&ドロップするだけで、簡単に複数のファイルを1つにまとめることができる。このほか、編集した動画はMPEG、DV-AVI、AVI、WMVの4つの形式から選択して保存することができる。対応OSは「驚速ファイル収集」「驚速動画カッター」とも、Windows Vista/XP/2000。