マイクロソフト(MS、ダレン・ヒューストン社長)とセブン-イレブン・ジャパン(山口俊郎社長兼COO)、富士ゼロックス(有馬利男)は12月25日、次期Windows OS「Windows Vista」を使ったオンラインのプリントサービス「セブン-イレブン店頭プリント」を07年1月30日から開始すると発表した。

 MSが07年1月30日発売する「Windows Vista」に組み込まれる「OPW(オンライン・プリント・ウィザード)」に対応するもの。ユーザーはVista搭載のパソコンに保存したデジカメなどの画像をインターネット経由で送信し注文。受け付け時に発行される予約番号をセブン-イレブンの店頭に設置されている富士ゼロックス製のマルチコピー機に入力すれば、画像が専用フォトペーパーにプリントされるしくみ。

 プリント料金はLサイズで1枚30円、支払いはコピー機での現金精算で、1枚から注文できる。店頭でコピー機を使ったセルフプリントのため、予約番号通知用のメールアドレスを登録するだけで利用でき、その他の個人情報入力は必要ない。現金精算のためクレジットカードも不要。コピー機が設置されているセブン-イレブンの全国1万1000店舗であれば、どの店でも出力できる。