秋葉原電気街振興会(小野一志会長)は12月22日、5年ぶりのPC関連展示イベント「AKIBAX 2006 powered by Windows Vista Ultimate」を開いた。会場は秋葉原UDX AKIBA SQUAREの2階イベントスペースで、12月24日まで開催する。入場料は無料。

 秋葉原電気街振興会(小野一志会長)は12月22日、5年ぶりのPC関連展示イベント「AKIBAX 2006 powered by Windows Vista Ultimate」を開いた。会場は秋葉原UDX AKIBA SQUAREの2階イベントスペースで、12月24日まで開催する。入場料は無料。

 開催にあたり秋葉原電気街振興会の副会長・鈴木淳一氏(九十九電機・代表取締役)が壇上に上がり、「02年から駅前再開発のために中断していた『AKIBAX』だが再開発が終了。またPC業界では21世紀最初のビッグイベント『Windows Vista』の発売を控えている。ITの街、秋葉原として、ユーザーにきっちり最新の情報をお届けしたい」と開催の経緯と意気込みを語った。

 「AKIBAX 2006」最大の目玉は、なんといっても次期OS「Windows Vista」。マイクロソフトは「Windows Vista」の製品版を初めて一般ユーザー向けにお披露目するだけではなく、「Windows Vista」搭載PCを用意し、体験コーナーも設けた。体験コーナー「Windows Vista Touch & Try」では約30台の「Windows Vista」「2007 Office」搭載PCを展示。そばにはカタログや操作説明書なども置き、来場者に情報を提供する。


 また、「Windows Vista」の新機能を最大限に引き出すワコムのペンタブレット「Friend Draw(フレンド ドロー)」の体験コーナーも「Windows Vista Touch & Try」内に設けた。「Windows Vista Touch & Try」にはスタッフが常駐。操作方法や新機能などをインストラクションも受けられる。このほか、ASUSTeKやNECブースでも「Windows Vista」搭載PCを展示している。

 「Windows Vista」といえば、美しいグラフィックを表現するGUIの描画機能「Windows Aero」を搭載していることも特徴の1つ。エヌビディア・ジャパンのブースでは、「Windows Aero」の特徴でもある半透明処理をバックアップするGPUやMCP製品を展示。このほか「Event Stage」ではさまざまなゲストを迎え、音楽やデジタル写真などのエンターテイメントにおける「Windows Vista」、映像クリエイターの視点から見た「Windows Vista」など、あらゆる角度で見た「Windows Vista」の魅力を紹介する。

 また会場では、マイクロソフト・パーソナル事業部・執行役の五十嵐章事業部長は、「Windows Vista」の周知活動のスケジュールについて発表した。同社は10月からパソコン教室を中心に「Windows Vista」β版の無料体験キャンペーンを実施してきたが、「(目標は2万人だったが)3万人のユーザーが『Vista』触れた」と、周知活動が順調に進んでいることを強調。また、地方の中小企業をキャラバンバスで回り、「Windows Vista」を体験できる場を提供する「全国IT実践キャラバン」を12月15日から実施していること、来年1月には一般ユーザーを対象にした体験イベントを実施することを明らかにした。