ネットジャパン(蒋冠成社長)は、静止画の表示や動画の再生に対応したグラフィックビューア/メディアプレーヤー「PowerX Alteros Media Explorer 2」のダウンロード販売を12月20日から開始した。

 ネットジャパン(蒋冠成社長)は、静止画の表示や動画の再生に対応したグラフィックビューア/メディアプレーヤー「PowerX Alteros Media Explorer 2」のダウンロード販売を12月20日から開始した。

 専用のアプリケーションなしに、3DS、VRML、TrueSpaceなどの3Dファイルや、PSD、TIFF、JPEGなどの2Dグラフィックを表示できる。DVDビデオディスク、ビデオファイル、オーディオファイルを、組み込みのメディアプレーヤーを使用して再生することも可能。TXTファイルやRTFファイルに対して、テキストエディタを使用して修正を行うこともできる。ソフトはタブ形式で複数のドキュメントを開くことができ、全画面モードとスライドショーモード、イメージ編集、各種ナビゲーションオプション、履歴リストのほか、画像や写真、DVD、ビデオ、オーディオなどを処理するための機能を搭載する。

 Internet Explorerをインストールしてあれば、OLEインターフェイスを介して、HTMLファイルや他の対応したドキュメントの表示にも対応する。例えばOfficeやAdobe Acrobatのコンポーネントがあれば、WordやExcel、PDFファイルを表示することができる。

 価格は3780円。SOHO向けに6090円の2ライセンスパック、1万3650円の5ライセンスパックも販売する。