ジャングル(高田晃子社長)は、携帯データバックアップソフト「携帯マスターNX」シリーズに新たに4製品を追加し、07年1月18日に発売すると発表した。

 新たに発売するのは、価格を改定した「携帯マスターNX FOMA用通常版」、au(KDDI)のWINユーザーに適した「携帯マスターNX WIN用」、ニーズの高い「携帯マスターNX PDC+au用」、FOMA端末を充電できるケーブルを同梱した「携帯マスターNX FOMA用充電ケーブル付き」の4製品。価格は、「FOMA用通常版」と「WIN用」が1980円、「PDC+au用」が3180円、「FOMA用充電ケーブル付き」が3980円。

 「携帯マスターNX」は、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用した携帯電話の乗り換え需要を見込み、今年10月に発売した携帯データバックアップソフトの最新版。携帯データのバックアップ機能に加え、電話帳、メール、動画、音楽、電子マネー、定期券などの個人情報を管理する機能を搭載する。「WX310シリーズ」をはじめ、ウィルコムのPHS端末にも対応。また新たに、ライセンス認証(アクティベーション)時から2年間、新機種対応アップデータを無償で提供するサービスを開始。いつでも最新機種に対応した状態で使えるよようにした。