朝日電器(寺田晟二社長)は、地震時にテレビの転倒を防止する液晶テレビ・プラズマテレビ専用の耐震ゲル「耐震GEL」8種を12月20日に発売する。

 朝日電器(寺田晟二社長)は、地震時にテレビの転倒を防止する液晶テレビ・プラズマテレビ専用の耐震ゲル「耐震GEL」8種を12月20日に発売する。

 素材に強力な粘着力を持つウレタンエラストマーを使用し、テレビスタンドの底に貼るだけでテレビを固定することができる。使用個数の目安は32型未満のテレビで4か所以上、32型以上のテレビで6か所以上。水で洗って乾かすと粘着力が新品同様に戻るため、一度剥がしても繰り返し使える。色は目立たないクリアで、インテリアにもマッチする。

 ラインアップは、きついカーブタイプ「TSG-1YC」、ゆるいカーブタイプ「TSG-2YC」、逆カーブタイプ「TSG-3GC」、ストレートタイプ「TSG-4ST」、平面タイプ「TSG-5FT」、コーナータイプ「TSG-6CR」、キャスター用の直径50mmの円形タイプ(小)「TSG-7KSS」、直径65mmの円形タイプ(大)「TSG-8KSL」の8種類。ゲルは柔らかい立体形状のため、ある程度のカーブ形状の違いに対応可能で、テレビの大きさやスタンドに合わせて複数の製品を組み合わせて使用する。価格はすべてオープン。実勢価格は、平面タイプのみ1200円前後、その他は800円前後の見込み。