NEC(矢野薫社長)は、同社が運営するサーバー・システム管理者向けサイト「ExpressStation」上に新たなコンテンツをオープンし、ダイヤブロックで作った同社製サーバーのフィギュア「ゴッパチキング」をプレゼントするキャンペーンを開始した。サイト内のアンケートに答えた人のなかから、抽選で200人に3個セットでプレゼント。このほか、クラサバ市場秋葉原店でも配布する予定だが、詳細については同社ウェブサイト上で近く公開する。

 「ゴッパチキング」は、ダイヤブロックの制作・販売を行っている河田(河田親雄会長)と、「ダイヤブロッカー」と呼ばれる造形作家KENZO氏とのコラボレーションにより、PCサーバー「Express5800シリーズ」の3機種をフィギュア化したもの。サイズは5-6センチほどで、机の上などに置くことができる。

 フィギュアは、「ftサーバー」型の「エフティ壱号」、「SIGMABLADE」型の「シグマ弐号」、「水冷サーバー」型の「スイレイ参号」の3種類。この3体のパーツでロボットを組み立てることもできるという。組み立て方法は「ExpressStation」の専用ページで公開する。

 今回の「ゴッパチキング」プロジェクトについて、NECでは「ある社員が息子とダイヤブロックで遊んでいる時に思いついた。子どもたちにも喜ばれる販促グッズにしたい」とコメントしている。