サードウェーブ(尾崎敏江社長)は12月14日、オリジナルデスクトップPC「Prime Galleria バトルフィールド2142 お奨めスペックPC」2モデルを12月15日に発売すると発表した。全国の「ドスパラ」店舗とインターネット通販で販売する。

 Electronic Arts社のミリタリーアクションゲーム「バトルフィールド2142」の推奨スペックを満たしたデスクトップPC。インテル製またはAMD製のデュアルコアCPUとNVIDIAの高速グラフィックボード「GeForce 8800GTX」を搭載し、最大64人のプレーヤーとマルチ対戦ができる「バトルフィールド2142」のグラフィック、アクションを存分に楽しめる。

 きょう体には静音550W電源を搭載したオリジナルYMケースを採用。メモリは2GB、HDDは320GB、OSはWindows XP Home Editon。片面2層書き込みに対応するDVDスーパーマルチドライブや12メディア対応のカードリーダーも搭載する。

 価格は、CPUに「Core 2 Duo E6600(2.4GHz)」を搭載した「Prime Galleria XG バトルフィールド2142 お奨めスペックモデル」が23万4980円から、「AMD Athlon 64 X2 4200+(2.2GHz)」を搭載した「Prime A Galleria64 XG バトルフィールド2142 お奨めスペックモデル」が20万4980円から。両モデルともBTOで、CPUやHDD、メモリなどをカスタマイズできる。ディスプレイは別売り。