OBCグループのビズソフト(大島敦代表取締役)は、簿記の知識がなくても日々の収支を管理できる業務ソフト「ビズソフト 社長の経理ナビ」など計5タイトルを12月15日に発売する。個人事業者や従業員数約30名規模までの中小規模の事業者を対象に、合計で2万本の販売を目指す。

 「ビズソフト 社長の経理ナビ」は、会計の勘定科目や借方貸方など仕訳の知識がなくても、金額を入力するだけでデータが収支予定表にリアルタイムに反映され、3か月先までの資金予測がグラフで確認できる。収支予定表は、ひとつのマス(セル)で「予測値」と「実績値」の2つの数値を持つ。

 また、同社の会計ソフト「ビズソフト会計」、小規模事業所で高いシェアを持つ弥生の会計ソフト「弥生会計」と連携可能で、「社長の経理ナビ」で作成した会計仕訳データを会計ソフトに取り込み、試算表や決算資料などの高度な会計処理を行うこともできる。

 このほか、「Windows Vista」に対応し、機能を強化した最新版「ビズソフト会計 Ver.2.0」、今回新たに販売する個人事業者向け青色申告ソフト「ビズソフト青色申告」、「ビズソフト 社長の経理ナビ」と「ビズソフト会計 Ver.2.0」をセットにした「ビズソフト 経理パック 法人会計編」、「ビズソフト 社長の経理ナビ」と「ビズソフト青色申告」をセットにした「ビズソフト 経理パック 青色申告編」を同時発売する。

 価格は、「ビズソフト 社長の経理ナビ」が1万500円、「ビズソフト 会計 Ver.2.0」が4万2000円、「ビズソフト 青色申告」が1万2600円、「ビズソフト 経理パック 法人会計編」が4万4100円、「ビズソフト 経理パック 青色申告編」が1万4700円。

 また、それぞれのソフト向けのオプション機能を有料でダウンロード販売する。「ビズソフト 社長の経理ナビ」用のオプション機能を含め、新しいオプション機能を順次提供する予定。対応OSはいずれもWindows Vista、XP、2000。