シャープは12月12日、液晶テレビ「AQUOS(アクオス) Gシリーズ」で、フルハイビジョン(フルHD)に対応した業界初の32V型モデル2機種を12月22日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格はアンダースピーカータイプの「LC-32GS10」、サイドスピーカータイプの「LC-32GS20」ともに28万円前後の見込み。

 シャープは12月12日、液晶テレビ「AQUOS(アクオス) Gシリーズ」で、フルハイビジョン(フルHD)に対応した業界初の32V型モデル2機種を12月22日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格はアンダースピーカータイプの「LC-32GS10」、サイドスピーカータイプの「LC-32GS20」ともに28万円前後の見込み。

 水平1920×垂直1080画素の「ブラックASV液晶パネル」を搭載し、新開発インクジェット方式のカラーフィルターの採用などで、32V型では世界最高のコントラス比2000:1を実現した。リビングの明るさでのコントラスト比は900:1で、画面の黒と白を鮮明に表示する。

 また、パネルの特性改善に加え、動画応答改善技術「QS(Quick Shoot)」を採用することで応答速度6msec(ミリ秒)を実現。バックライトには「青」「緑」「赤」に「深紅」を加え、色再現範囲を拡大した「4波長バックライト」を搭載する。「マルチ画素」と呼ぶ視野角の向上技術で、上下左右176度の広視野角も実現した。

 さらに、5.6MHzの高速サンプリングが可能な「1ビットデジタルアンプ」や「高開口率スピーカーシステム」を採用し、自然でクリアな音声を楽しめるようにした。

 チューナーは、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵。HDMI入力端子は2系統を装備し、HDMI端子で同社製の対応DVDレコーダーやサラウンドシステムと接続することで、付属のリモコン1つで機器を操作できる「AQUOSファミリンク」に対応する。