アライドテレシス(大嶋章禎社長)は、RoHS指令に対応したIEEE802.11a/1b/g対応のPCカード型無線LANカード「CentreCOM WR540CB V2」を12月15日に発売する。税別価格は9400円。

 アクセスポイントに接続する際にRADIUSサーバーによる認証を受けることができ、セキュリティの高いWPA/WPA2による暗号化通信に対応する。暗号方式は、WEPやTKIPに加え、最新のAESも利用でき、WPA-PSKによる認証サーバーを用いない構成も可能となっている。

 無線LANは3つの規格に対応し、IEEE802.11aでは従来のJ52規格に加え、国際標準規格のW52/W53も利用できる。また、5段階のRF(無線)出力調整が可能で、無線セルサイズの調整による干渉の回避やセキュリティの向上、消費電力の低減を図ることができる。さらに、Atheros社の「Super A/G」による高速化や「XR(eXtended Range)」による長距離接続、アクセスポイントへ接続する「Infrastructureモード」、端末同士で無線でP2P接続を行う「ad-hocモード」にも対応する。